参考文献


書籍(パーソン・センタード・ケアやDCM法に関する書籍の紹介です)

・水野 裕(著):実践パーソン・センタード・ケア—認知症をもつ人たちの支援のために,ワールドプランニング (2008/01)—日本のDCMのリーダーである水野医師がパーソン・センタード・ケアについてわかりやすく解説した本です。入門書として最適です。パーソン・センタード・ケアを展開する際のヒントが満載です。
・トム・キットウッド (著), 高橋 誠一(訳):認知症のパーソンセンタードケア—新しいケアの文化へ,筒井書房 (2005/09)—キッドウッドがパーソンセンタードケアについて述べたDementia Reconsideredの日本語訳です.
・Tessa Perrin (著), Hazel May (著), 白井 壯一 (翻訳), 白井 はる奈 (翻訳), 白井 佐知子 (翻訳):認知症へのアプローチ  ウェルビーイングを高める作業療法的視点,エルゼビア・ジャパン (2007/09)—-作業療法士(OT)でマッパー仲間の白井さんご夫妻が、訳された本です。

視聴覚教材ご案内動画 001

新着ブログ

2019.04.29

第2回実践交流のつどい お知らせ(再掲)

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い,...

2019.04.11

ご寄付のお願い

NPO設立以来、認知症のパーソン・センタード・ケアに関する研修や情報発信を行って...

2019.03.25

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合...

ページの先頭へ