定期研究会 : パーソン・センタード作業療法


作業療法の対象者にも認知症を持つ人が増加しているが,未だ十分確立されているとは言えない.2008年より,認知症を持つ方における作業療法の実践をパーソン・センタードな視点を取り入れ,作業療法士としてどのように対象者にアプローチしていくかを考えるためのグループとして活動をしている.3ヶ月に1回集まり,抄読会や事例検討会を行っている.抄読会では,『認知症へのアプローチ  ウェルビーイングを高める作業療法的視点』(エルゼビア・ジャパン)や,『The Pool Activity Level (PAL) Instrument for Occupational Profiling』(Bradford Dementia Group Good Practice Guides)を取り上げ,後者については,日本語版作成に向けて検討し,日本語版の信頼性・妥当性の調査を施行している.

視聴覚教材ご案内動画 001

新着ブログ

2019.02.02

視聴覚教材“ともに歩む”ガイドブック第2版発行

VIPSの視点で学ぶパーソン・センタード・ケア視聴覚教材“ともに歩む”のガイドブッ...

2019.01.14

メモリーカフェ 「ひらや照らす照らす」2019年1月 ご報告

メモリーカフェ ひらや照らす (2019年1月ご報告) 今年初のメモリーカフ...

2018.12.21

パーソン・センタード・ケアを考える会 第1回 実践交流のつどい ご案内

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い...

ページの先頭へ