定期研究会 : 認知症ケアマッピング(DCM)


 認知症ケアマッピング(DCM)はパーソン・センタード・ケア実践のために開発された観察ツールであり,ケアの質の向上に向けた発展的評価法である.DCMユーザーが3か月に一度集まり,ふだんの実践をふまえて討議し,学び合う場として発足した勉強会である.これまでは,DCMの施設への導入やよりよいブリーフィングやフィードバックについて意見交換を行うほか,DCMフォローアップセミナーに向けた事例検討などを行っている.

視聴覚教材ご案内動画 001

新着ブログ

2019.04.29

第2回実践交流のつどい お知らせ(再掲)

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い,...

2019.04.11

ご寄付のお願い

NPO設立以来、認知症のパーソン・センタード・ケアに関する研修や情報発信を行って...

2019.03.25

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合...

ページの先頭へ