パーソン・センタード作業療法研究会

第29回PCOT「認知症と機能訓練~4DAS(Four Dimensional Assessment System)の活用」10月16日開催 ご報告 


img_2683-1

去る10月16日,国立オリンピック記念青少年総合センターにて,第29回パーソン・センタード・作業療法研究会が開催されました.今回は,はるばる兵庫から中西先生,岡野先生をお招きし,「認知症と機能訓練~4DASの活用」と題して,4DASの評価とプログラムについてわかりやすくご講演いただきました.実際に風船バレーをしたり,実感してわかる楽しい研修会となりました.

当日は33名の参加者にお越しいただき,満員御礼の会でした.なお,キャンセル待ちの方々にはご参加いただけない事態となり,申し訳ございませんでした.この場をかりてお詫び申し上げます.

講師の先生方,ご参加の皆様方,ありがとうございました.

img_2679

 

参加者の声(アンケートより抜粋)

・あらためてアセスメントの大切さを感じた

・自分が視点を変える事で,引き出しが変わる点に気付けたことがよかったです.集団の特性を生かしながら,個をみていくこと,改めて学ばせていただきました.

・楽しい講師の先生方のお人柄が印象に残りました

・実際に記入してみたり,レクを行うことで,体感できてよかったです

・何気なく行ってしまう風船バレーもアレンジひとつでたくさんのバリエーションがあることに気付かせていただきました

・もっと早く知っていればケアマネージャーの仕事をしたいた時に役だったなと思いました

・意図を持ったリハ介入の必要性・大切さが印象に残った

・今回の4DASを利用し,日常の活動の中でも意味を持った活動をめざし取り組みたい

・実際に風船バレーなどを行いながら色々と考える事が出来て楽しかった

・飽きることなく参加出来ました.楽しかったです.

・OTらしさを伝えられるツールだと思った.とてもドキドキしました.モチベーション高まりそうです.

・認知症への基本的姿勢を学び,対応の仕方を変えていきたいと思います.病院だとできることがやはり少ないと感じました.

・4DASにPCCの視点が入っていることで,認知症の人のアクティビティではなく,その人らしいアクティビティの選定に役立つ,とてもわかりやすかったです.

・地域で活躍しているOTの話が聞けて励みになった

・評価に基づいて治療する...当たり前のことですが,まだまだ足りていないと感じました.面白かったです,実践に結び付けていこうと思います.

・ただプログラムをこなしているだけという感じになってしまっているので,もっと個別に関わる時間を増やし,4DASを少しでも実践できるようにしていきたい.

 

たくさんの御意見・ご感想ありがとうございました!

 

視聴覚教材ご案内動画 001

新着ブログ

2018.06.05

第10回特別講演会 災害時の認知症をもつ人の支援~パーソン・センタードな視点から考える~ ご報告

第10回認知症を考える特別講演会 “災害時の認知症をもつ人の支援-パーソン・セ...

2018.02.27

三豊市立西香川病院主催 第17回認知症を考える会“当事者の想い“から認知症の人とともに考える医療・ケア・地域社会”報告

三豊市立西香川病院主催 第17回認知症を考える会“当事者の想い“から認知症の人ととも...

2017.08.02

当NPO法人主催研修会のお知らせ 10月15日(日)山口にて開催

認知症ケア研修会 〜パーソン・センタード・ケアを現場に生かす〜 山口県下関にて...

ページの先頭へ