BLOG

アーカイブ:2019年 8月

メモリーカフェ「ひらや照らす」2019年8月ご報告

2019.08.12

8月10日13時から「ひらや照らす」において第18回メモリーカフェが開かれました。
参加者が15名あり、その中にはベトナムからの留学生も加わり、国際色豊かな会となりました。
また、「ひらや照らす」近くの子供たちが持参してくれた手作り作品の風鈴やうちわを眺めながら
”夏の思い出”について話し合いました。
今日のおやつは、参加者持参のクッキーやラムネ、スイカでした。
「ひらや照らす」の建物を通して、年代を問わず地域の方々との繋がりが出来てきていると感じました。

日南市つわぶきの会主催 認知症研修会(8月4日開催)ご報告

2019.08.12

2019年8月4日の13時から16時、5日の9時から12時に日南市つわぶきの会主催の認知症研修会をまなびピアにて行いました。
3日は19人、4日は21人が参加され、日南市で行っている研修会は本年で8回目となりました。
前半はパーソン・センタード・ケアについて学び、また認知症になったら人は何を望むか?など、他人事ではなく自分の立場ではどう考えるのだろうかと改めて考えを深めました。
そして後半は視聴覚教材第2章を使い、本人のサインや心理的ニーズは何なのだろうかと他職種でグループワークを行いました。それぞれの専門職がもつ強み、どのように本人と関わりながら他職種と連携していくのかを皆さんで再認識しました。

「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」申込受付中!

2019.08.03

「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」申込受付中!

*大和日英基金、オラクル有志の会ボランティア基金より助成を受け、英国よりパム・シュワイツァー氏(MBE,ヨーロッパ回想法ネットワーク代表、グリニッジ大学名誉研究員)夫妻を招聘し、来る9月29日(日)、首都大学東京荒川キャンパスにて、特別ワークショップ「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」を、日本認知症ケア学会・認知症介護研究研修大府センター後援にて開催することになりました。

*シュワイツァー氏は、ロンドンを中心にEU各国で長年、パーソン・センタード・ケアをふまえ、クリエイティブな表現を生かした回想ワークを開発し、認知症の本人・家族支援に応用して、その普及実践に精力的に取り組んで来られた方です。

認知症ケアや地域支援に関わる専門職の皆様にぜひご参加いただき、今後の実践に生かしていただければと願っております。  

通訳付き(日本認知症ケア専門士単位3単位認定)

*申込みは、当会ホームページの申込フォームより必要事項ご記入のうえお申込みください。参加費(事前振込)とお申し込みを合わせて、正式な参加登録とさせていただき、後日、受講者証をメールにてお送りさせて頂きます。

ぜひお早めにお申し込みください!

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

特別ワークショップ クリエイティブ回想法 9月29日開催 ご報告

“認知症をもつ人とともに地域で生かすクリエイティブ回想法”の研修会報告 伊藤 孝子   去る...

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅱご報告

8月11日に「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅱ」を開催しました。午前中は、磯岡氏より「認知症ケアマッピン...

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ 7月15日開催 ご報告

スッキリとしない天候が続くなか、7月15日令和になって初めての「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」が始...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ