BLOG

アーカイブ:2016年 4月

長期施設に必要な要件の改革(米国官報201507)にPCCが明記

2016.04.19

FR昨年NHKで放送された『認知症革命 最後までその人らしく』でも取り上げられた,米国の認知症ケア施設のガイドラインが示されているFederal Resister(官報)にアクセスできるようです。

バックグラウンド(Background) > 2. 主な規定の概要(Summary of the Major Provisions) の中の
包括的なパーソン・センタードなケアプランニング (Comprehensive Person-Centered Care Planning) (§ 483.21) *New Section* と新設されていました。

英語となりますが,パーソン・センタードなケアプランニングが重要とされているようです。

 

クリエイツかもがわHP日本では,水野先生の監訳による『認知症と共に生きる人たちのためのパーソン・センタードなケアプランニング』(クリエイツかもがわ)が出版されております。パーソン・センタードなケアプランを立案する方法が網羅されており,とてもタイムリーな内容と思います。

特別講演会事前申し込み締切延長(4月30日締切)のお知らせ

2016.04.14

001

5月14日開催予定の特別講演会「パーソン・センタードな視点から情報共有を考える~多職種連携ツール(くすのき手帳)の開発と活用を通して」の事前申し込み締め切りを4月30日まで延長いたします.ぜひ,ご参加ください.

かいごの学舎 in清瀬2016 (4/24開催)のお知らせ

2016.04.09

当NPO理事の村田康子氏が4月24日開催「希望のファンタジスタ」~かいごの学舎in清瀬2016~にて,“認知症をもつ人に近づくために~パーソン・センタード・ケアの視点から考える~”と題した講義をいたします.その他,さまざまな分科会や講義,ランチョンセミナー,基調講演,音楽と感動の時間割といった内容となっております.ご興味のある方は,ぜひご参加ください.

お申込み,詳細はこちらのHPをご参照下さい.

パーソン・センタード・ケア視聴覚教材完成しました!!(お申込みはこちら)

2016.04.07

スライド1

当法人では英国でブルッカー教授らにより開発された視聴覚教材“Stand by Me”を参考に、わが国の状況をふまえたパーソン・センタード・ケア視聴覚教材の 制作に数年前より取り組んできました。

監修者、編集委員、開発委員、出演者、制作関係者など、多くの皆様にご協力いただき、また各地の皆様からのご寄附に支えられ、おかげ様、3月31日に遂に完成、発行の日を迎えることができました。厚く御礼申し上げます。
今後も、よりよい活用方法など、皆様と検討を重ねながら、パーソン・センタード ・ケアの普及に役立てていただければと願っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会代表理事
編集代表   村田 康子

*お申込みはこちらのお申込みフォームよりお願いいたします

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ 7月15日開催 ご報告

スッキリとしない天候が続くなか、7月15日令和になって初めての「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」が始...

2019年 第2回実践交流のつどい ご報告

2019年5月18日(土)13時30分~15時30分にホワイエえこだにて、第2回実践交流会を開催しました。今回は...

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ