BLOG

アーカイブ:2013年 6月

第47回日本作業療法学会

2013.06.25

otgakkai
2013年6月28日~30日までグランキューブ大阪にて作業療法学会が開催されます.大会2日目(29日)のシンポジウム8に当会の代表 村田康子がシンポジストとして登壇いたします.ご都合がつくようでしたら,お越し頂けますと幸いです.

 

 

 

 

 

認知症の人を支える作業療法 (6月29日(土) / 12:50~14:20 / メインホール)

進行 : 松下 太(四條畷学園大学リハビリテーション学部)

シンポジスト1 :  小川敬之(九州保健福祉大学 保健科学部)

「認知症の人の作業療法の可能性」

シンポジスト2 : 村田康子(NPO その人を中心とした認知症ケアを考える会)

「パーソン・センタード・ケアから認知症の作業療法を考える」

シンポジスト3 : 上田章弘(介護老人保健施設 恵泉)

「介護老人保健施設における実践」

村田さんコメント
「パーソン・センタード・ケアは、1990年代、英国Bradford大学のTom Kitwood教授により提唱された、医学モデルに代わる新たな認知症ケアの理念、パラダイムである。私は約10年前にこの考え方に出会い、職種を越えた勉強会や研修を行ったり、認知症ケアマッピングという観察ツールを用いて、ケア施設や医療の現場で、その人の視点に立った認知症ケアの質の向上に取り組んできた。専門職の連携が求められる今日、作業療法士に何が求められているか、皆様と共に考える機会になればと願っている。」

詳細は,OT学会ホームページシンポジウムのページをご覧ください.

gakkaishinpo1

2013年度 第1回理事会・運営会議

2013.06.24

下記のように理事会,運営会議を開催いたしました.

日時 : 2013年6月8日(土) 10:00〜12:00

場所 : 国立オリンピック記念青少年総合センター

参加者 : 理事 —-  村田・磯岡・内田 /    運営委員 —- 田邊・渡辺・小川

議題 :

1) 特別講演会の反省,次年度に向けて

・特別講演会には,185名参加頂き,感想も好評だった.

・講演会終了後,入会の問い合わせが増えている.

・次年度の講演会についても,候補者を挙げて,検討していく.

2) パーソン・センタード・ケア学習会について

・インターネット受付時のメール受付に改善必要.申し込み毎の受付の明確化を行う.

・次年度も開催時期や開催方法,内容などアンケートを取って継続して開催する.

3) 東日本大震災関連の交流事業について

・7月に打ち合わせのため,雄勝町の秋山さんを訪ねる.

4) その他

・こころはずむ音楽教室はじまった.

・研究事業として,「PAL」と「スタンド・バイ・ミー」を発表した.研究を継続する.

 

パーソン・センタード作業療法研究会 in 長崎 (認知症とつながる会)

2013.06.24

認知症ケア学会で九州に上陸しましたので,6月2日(日)に長崎の研究会”認知症の方とつながる会”にお邪魔しました.認知症とつながる会のメンバーは長崎の精神科関連の認知症病棟で作業療法士として勤務されている方々です.
会のお世話をしている坂井さんとの出会いは,昨年の作業療法学会(2012年6月だったので,ちょうど1年前になります!!)で,その時に私が認知症の活動レベルの評価PALの信頼性と妥当性の発表をしたのですが,坂井さんのグループでもPALの抄読会をしておられるとのことでした.その時に情報交換をやりましょうとお約束をしたのですが,実現に1年を要してしまいました.坂井さん,いろいろと調整有難うございました.
当日は,休日にも関わらず6名の方にご参加頂き,パーソン・センタード・ケアとPALについてお話しをさせて頂きました.情報交換中で,精神科病院でのパーソン・センタードな取り組みは,難しい点が多いということが話題となりましたが,理想を掲げ,現状でできることを一つ一つ確実に取り組んでいくことの重要だということをお話しいたしました.

感想として,頂いたメールを一部引用させて頂きます.
・認知症の人と関係をとるためには、情緒的な関わりが必要との話が印象に残りました。
・理想は忘れず、理想に一歩でも近づけるよう、こちらも楽しみながら認知症の人に寄り添って、OTにできることを考えていきたい。
・一番大切なのは患者様に対する人と接する気持ちを忘れないことだというのを再実感させて頂きました。
・・・・・

九州で初めてのPCOT研究会を生まれ故郷の長崎で開催できまして,感無量でございます.
今後ともどうぞよろしくお願いします.
IMG_0069 IMG_0068

日本認知症ケア学会に参加して来ました

2013.06.24

IMG_00676月1日-2日福岡市で開催された第14回日本認知症ケア学会大会に参加しました.当日は,なかなかお会いできない遠方の方にお会いできて良かったです.

今回はNPOから2題研究報告をさせて頂きました.
1)村田康子 他 : パーソン・センタード・ケアの教育ツール「スタンド・バイ・ミー」を試行して
この研究は,昨年5月にDawn教授来日の折,紹介されたDVDの教材「Stand by Me」(私のそばに寄り添って)が発端でした(DVDはウースター大学のHPより有償で入手できます).発表者の村田さんは,DVD映像と教材資料の素晴らしさに感動して,DVDの日本語スクリプトを短期間でおこして,それを通訳の中川さん(Dawnさんの講演会でもお世話になりました)に相談してチェックして頂きました.その後,Dawn教授の了承を得て(注:DVDと教材の開発はウースター大学と英国NHSの共同事業となっています),研究事業で使用させて頂いています.

抄録:

more

「パーソン・センタード・ケア~認知症の人の視点に立ったケア実践を考える~」

2013.06.19

来る7月12日(金),川崎市高齢社会福祉総合センター福祉職員向け現任者研修で講師を務めさせて頂くことになりました.昨年度も開催した研修会ですが,とても分かりやすかったと沢山の声を頂戴しました.お申し込みをされた皆様,どうぞよろしくお願いします.参加の締め切りになった後の掲載ですみません.

川崎PCC

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

2019年 第2回実践交流のつどい ご報告

2019年5月18日(土)13時30分~15時30分にホワイエえこだにて、第2回実践交流会を開催しました。今回は...

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

10月6日開催 第4回公開講座“本人が語る認知症ミニ講座” ご報告

第4回公開講座“本人が語る認知症ミニ講座”開催 町田市認知症とともに歩む人 本人会議の皆様にお越しいただき...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ