BLOG

日南市つわぶきの会主催 認知症研修会(8月4日開催)ご報告

2019.08.12

2019年8月4日の13時から16時、5日の9時から12時に日南市つわぶきの会主催の認知症研修会をまなびピアにて行いました。
3日は19人、4日は21人が参加され、日南市で行っている研修会は本年で8回目となりました。
前半はパーソン・センタード・ケアについて学び、また認知症になったら人は何を望むか?など、他人事ではなく自分の立場ではどう考えるのだろうかと改めて考えを深めました。
そして後半は視聴覚教材第2章を使い、本人のサインや心理的ニーズは何なのだろうかと他職種でグループワークを行いました。それぞれの専門職がもつ強み、どのように本人と関わりながら他職種と連携していくのかを皆さんで再認識しました。

「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」申込受付中!

2019.08.03

「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」申込受付中!

*大和日英基金、オラクル有志の会ボランティア基金より助成を受け、英国よりパム・シュワイツァー氏(MBE,ヨーロッパ回想法ネットワーク代表、グリニッジ大学名誉研究員)夫妻を招聘し、来る9月29日(日)、首都大学東京荒川キャンパスにて、特別ワークショップ「認知症をもつ人と共に地域で生かすクリエイティブ回想法」を、日本認知症ケア学会・認知症介護研究研修大府センター後援にて開催することになりました。

*シュワイツァー氏は、ロンドンを中心にEU各国で長年、パーソン・センタード・ケアをふまえ、クリエイティブな表現を生かした回想ワークを開発し、認知症の本人・家族支援に応用して、その普及実践に精力的に取り組んで来られた方です。

認知症ケアや地域支援に関わる専門職の皆様にぜひご参加いただき、今後の実践に生かしていただければと願っております。  

通訳付き(日本認知症ケア専門士単位3単位認定)

*申込みは、当会ホームページの申込フォームより必要事項ご記入のうえお申込みください。参加費(事前振込)とお申し込みを合わせて、正式な参加登録とさせていただき、後日、受講者証をメールにてお送りさせて頂きます。

ぜひお早めにお申し込みください!

活動報告(5月30日)

2019.06.02

港区にある東京都済生会中央病院・認知症疾患医療センターでは、地域での認知症の啓発活動に力を入れ、これまでに多くの「認知症ケアセミナー」を開催されています。この度、講師依頼をいただき、5月30日夜、「パーソン・センタード・ケアの基本的視点を学ぶ」というテーマでお話しさせて頂きました。質疑も含めての1時間の講座のため、空想演習の後、ポイントをお伝えして時間となりましたが、70名近い地域の医療介護関係者が熱心にご参加くださいました。質疑では、「ケアに関する技術が様々言われていますが、パーソン・センタード・ケアも一つの技術でしょうか?」という質問がありました。2012年当会主催特別講演会での、ブルッカー先生のお話しを思い出しながら、「パーソン・センタード・ケアは、ハウツーの技術ではなく、むしろ価値基盤であり、何を行うかでなく、どのように行うか、であると理解しています」とお答えしました。

今回は2回連続セミナーとなり、8月は、視聴覚教材を使ってグループ討議の予定です。(M)

第2回実践交流のつどい お知らせ(再掲)

2019.04.29

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い,交流しませんか? 経験や悩みを分かち合い,仲間から沢山ヒントや元気をもらえるつどいになれば,と思っています.

まだお席に余裕がございます,お気軽にご参加ください!  

 

話題提供:加藤春男氏 (NPO法人湘南鎌倉後見センターやすらぎ)

「認知症をもつ人の成年後見を考える」

認知症をもつひとの成年後見の現状や課題など,加藤さんが日頃の活動を通して考えておられることをお伺いします

日時:2019年5月18日(土)13:30~15:30

場所:ホワイエえこだ

西武線江古田駅より徒歩10分 練馬区旭丘1丁目33-10 千川通り セブンイレブン向かい 昭和の香りのする民家を改装して作られたコミュニティサロンです

参加費:500円 (資料・飲み物代)

終了後懇親会あり,懇親会費500円

定員:25名 *定員になり次第締め切らせていただきます

申込み:お名前,連絡先E-mail,電話番号をご記入の上,下記へ事前にお申込みをお願いします.参加費は当日お支払いください. E-mail:office@pcdc.or.jp FAX:042-505-8620

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

2019.03.25

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い,交流しませんか?
経験や悩みを分かち合い,仲間から沢山ヒントや元気をもらえるつどいになれば,と思っています.
どうかお気軽にご参加ください!

話題提供:加藤春男氏 (NPO法人湘南鎌倉後見センターやすらぎ)

「認知症をもつ人の成年後見を考える」

認知症をもつひとの成年後見の現状や課題など,加藤さんが日頃の活動を通して考えておられることをお伺いします

日時:2019年5月18日(土)13:30~15:30

場所:ホワイエえこだ

西武線江古田駅より徒歩10分 練馬区旭丘1丁目33-10 千川通り セブンイレブン向かい 昭和の香りのする民家を改装して作られたコミュニティサロンです

参加費:500円 (資料・飲み物代)

    終了後懇親会あり,懇親会費500円

定員:25名 *定員になり次第締め切らせていただきます

    
申込み:お名前,連絡先E-mail,電話番号をご記入の上,下記へ事前にお申込みをお願いします.参加費は当日お支払いください.
E-mail:office@pcdc.or.jp FAX:042-505-8620

視聴覚教材“ともに歩む”ガイドブック第2版発行

2019.02.02

VIPSの視点で学ぶパーソン・センタード・ケア視聴覚教材“ともに歩む”のガイドブックを一部変更し、1月31日付で第2版として発行しました。

ガイドブック第2版では,映像視聴後のグループ討議で,パーソン・センタード・ケアの基礎を初めて学ぶ方々のための設問Aと,すでに取り組まれている方々のための設問Bを選んで使用できます.

設問Aでは,認知症をもつご本人のサインから,その人の気持ち(心理的ニーズ)や背景にある要因を考えてアプローチにつなげる流れで学び,設問Bには,VIPSフレームワークに沿って身近な問題として討議を深められるよう,補助設問やワークシートの例が巻末資料に追加されました.

利用者の方々からは、「その人の立場に立って感じるという点で、視聴覚教材

は不可欠だと思います」、「映像とグループ討議で、チームのケアの視点の共有化に役立ちます」などのご感想を頂いています。

認知症に関わる専門職研修だけでなく、地域の認知症サポーターのスキルアップ講座等でも利用されています。

HPのチラシをご覧頂き、皆様もぜひご活用ください!

〇価格:1セット(DVD+ガイドブック)税込10,000円 (+送料510円) 

〇発送は、ワーキングデイスマイルの皆様にご協力いただいています。

〇申込先:ホーム右端の“本教材のご注文は、こちらから承ります”より、申込フォームにお入り頂き、必要事項ご記入の上、お申し込みください。

2019年2月1日    NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会 

メモリーカフェ 「ひらや照らす照らす」2019年1月 ご報告

2019.01.14

メモリーカフェ ひらや照らす (2019年1月ご報告)

今年初のメモリーカフェが、1月12日13時~ひらや照らすで開かれました。

近くのYMCA専門学校の学生さん達も交えて、参加者は10代~90代の16名。

子供時代の晴れ着や各地のお雑煮など、皆でお正月の思い出を話しました。

甘酒のほか、家庭菜園でとれた見事な大根(三太郎)で拵えてくださった

美味しいおでんが飛ぶように売れ、心まで温まるひと時でした。

パーソン・センタード・ケアを考える会 第1回 実践交流のつどい ご案内

2018.12.21

ケア向上に向けて,日ごろ現場や地域で様々取り組まれていることなど,互いに紹介し合い,交流しませんか?

経験や悩みを分かち合い,仲間から沢山ヒントや元気をもらえるつどいになれば,と思っています.

どうかお気軽にご参加ください!

話題提供:ブラナン野口純代さん 桜美林大学大学院 当会賛助会員

“認知症にやさしい施設環境”

施設環境と認知症の人のQOLについてDCMを用いて検討されています.認知症の方々によりよい環境を提供する上で役立つお話が伺えそうです.

日時:2019年2月2日(土)13:30~15:30

会場:ホワイエ えこだ 

西武線江古田駅より徒歩10分 練馬区旭丘1丁目33-10 千川通り セブンイレブン向かい 昭和の香りのする民家を改装して作られたコミュニティサロンです

参加費:500円(飲み物 資料代)

定員:25名 *定員になり次第締め切らせていただきます

申込み:お名前,連絡先E-mail,電話番号をご記入の上,下記へ事前にお申込みをお願いします.参加費は当日お支払いください.

E-mail:office@pcdc.or.jp FAX:042-505-8620

メモリーカフェ ひらや照らす  (2018年8月ご報告)

2018.08.25

国立市住民主体による居場所づくり事業としてはじまった“ひらや照らす”で、月1回当会が中心となって、メモリーカフェが開かれています。この日は、10代~90代まで17名が参加。近くのYMCA医療福祉専門学校の“地域つながりたい隊”の学生達、早稲田大学“医学を基礎としたまちづくり研究所”の方達、そして父娘、母娘の組み合せで住民の方々や、初参加の方もいらっしゃいました。テーマは「夏の思い出・休日の思い出」です。

北海道の短い夏の思い出や、花火の思い出、流されたビーチボールを拾ってもらい嬉しかった子ども時代の回想など、互いに耳を傾けながら、今回はカラーペンで思い出を描いてみました。

ラムネの泡がシュワっと溢れ出る様子や西瓜の香りなどを楽しみながら、それぞれの絵と回想をシェア。西瓜は、昔は井戸で冷やしたという話に、冷蔵庫じゃなかったんですか、と学生の驚きの声~笑いの絶えないひと時でした。

メモリーカフェは、多世代で楽しく思い出を語り合う場として、外に出かけることの少なくなったお父様やお母様と一緒に安心して参加できる場にもなってきているようです。認知症の方、ご家族の方にもぜひ利用頂ければと願っています。

ボランティア基金からの助成決定!

2018.07.31

公益信託オラクル有志の会ボランティア基金からの助成が決定しました!

 

当会では、地域の方々に向けて無料公開講座(年1回)や、認知症をもつ方もご家族も、誰もが参加できる地域のメモリー・カフェ等の取組みを行っています。この度、公益信託オラクル有志の会ボランティア基金に助成申請し、おかげ様で数日前に決定通知が届きました。

今年の公開講座は、10月6日(土)国立市福祉会館で、町田市本人会議のメンバーの皆様による「当事者の語る認知症ミニ講座」を予定しています。現在の想いを聞かせて頂き、グループでお茶を飲みながら話し合ったりする予定です。

メモリ・カフェも、国立みんなの居場所ひらや照らすで、月1回開いており、世代を越えて、様々な思い出を、楽しく語ったり聞いたりしています。

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ 7月15日開催 ご報告

スッキリとしない天候が続くなか、7月15日令和になって初めての「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」が始...

2019年 第2回実践交流のつどい ご報告

2019年5月18日(土)13時30分~15時30分にホワイエえこだにて、第2回実践交流会を開催しました。今回は...

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ