nino blog

第10回特別講演会 災害時の認知症をもつ人の支援~パーソン・センタードな視点から考える~ ご報告


第10回認知症を考える特別講演会

“災害時の認知症をもつ人の支援-パーソン・センタードな視点から考える-”

ご報告

 

 

 

 

 

 

 

2018年5月26日、首都大学東京荒川キャンパスにて開催され、医療介護福祉関連の各専門職の他、一般市民や当事者の方など、151名の方々に参加いただきました。講師の皆様はじめ、ご協力、ご後援頂きました皆様に深く感謝申し上げます。

基調講演は、中村考一氏(社会福法人浴風会 認知症介護研究・研修東京センター)より「認知症をもつ人の生活のしづらさとその支援」についてご講演頂きました。

認知症による認知機能の低下がどのように生活障がいやBPSDに関連するか

からはじまり、支援者の視点だけでなく、当事者の視点や気持ちに立って支援

する重要性や、災害時においては特に支援者のふり返りの必要性などについて

お話しいただきました。

特別講演ではまず、松永美根子氏(医療法人社団孔子会 介護老人保健施設 孔子の里)より、「熊本地震における認知症の人の支援」として、熊本地震における自らの被災体験や避難所等での支援の体験を通して、認知症の人に地震がどのような影響を与え、それに関わる専門職がどのようなパーソン・センタード的なケアが展開できるかについてお話し頂きました。

遠藤真一氏(社会福祉法人長岡三古老人福祉会研究・研修センター長岡)からは、「東日本大震災における認知症の人の支援」として、中越地震、東日本大震災の時の法人として支援の取り組みや体制についてご紹介いただき、自分達ができることは何か、できたことをふり返り、次に備えていく重要性についてお話しいただきました。

質疑の時間が十分とれなかったことは残念でしたが、アンケートでは、「日頃から地域や法人内でパーソン・センタードな基盤を共有し、いざという時に支え合えるネットワークを築いておくことが大切なことがよくわかった」、「そのために自分が何をできるかを改めて考えさせられた」などの声が多く聞かれました。

 

カテゴリ:お知らせの投稿 | コメント(0)

コメントを残す

視聴覚教材ご案内動画 001

第32回PCOT研修会(PAL)無事終了しました

  先日開催されました,第32回PCOT研修会には,9名のご参加いただきました.PALについて有...

第29回PCOT「認知症と機能訓練~4DAS(Four Dimensional Assessment System)の活用」10月16日開催 ご報告 

去る10月16日,国立オリンピック記念青少年総合センターにて,第29回パーソン・センタード・作業療法研究会が開催...

2016年第2回公開講座「こころはずむ音楽教室」9/22開催 ご報告

先日,国立市公民館地下ホールにて,第2回無料公開講座「こころはずむ音楽教室~認知機能に働きかける音楽活動の紹介~」が開催...

新着コメント

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

2015.06.10

実践家のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ・Ⅱ

遠方からご参加有難うございます。どうぞお気をつけておいでくだ... by admin

2015.06.08

実践家のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ・Ⅱ

新潟から参加させて頂きます。 どうか宜しくお願い致します。... by 相馬房嘉

ページの先頭へ