nino blog

社会福祉法人麦の家(長野県上伊那郡中川村)


7月5日−6日に麦の家に認知症ケアマッピング(DCM)の短時間マッピングでお邪魔しました.麦の家は,「単独型の認知症向けのグループホームとして日本で最初に社会福祉法人の認可を受けた」そうです.松本栄二理事長は,長年大学で教鞭をとっておられ,ゼミで訪れた中川村で「一粒の麦,地に落ちて死なずば,ただ一つにてあらん.もし,死なば,多くの実を結ぶべし.」(麦の家の創立精神)を目指して福祉の活動をやりたいと一念発起し設立されたのが麦の家です.
その麦の家でパーソン・センタード・ケアを実践したいと理事長自らがパーソン・センタード・ケアとDCMの基礎コースを受講され,今回のマッピングが実現しました.麦の家は全てのお部屋から雄大な中央アルプスを眺めることができ,お部屋と共有スペースが別棟になっているのが特徴で,中庭では四季おりおりの花を楽しむことができます.今回は朝顔が綺麗な花を咲かせ,キュウリがたわわに実っていました.
今回,初めて短時間ではありますがDCMを実施して,ケアスタッフの方にその結果を報告しました.スタッフの方からは,「何となく感じていたことが,客観的なデータとして提示されてわかり易かった」「普段気づかないことに気づいた.今後の参考にさせて頂きたい」などと感想を頂きました.
お世話になりました,松本理事長をはじめ山名施設長,スタッフの皆さま,有難うございました.

追伸
中川村では,片桐農園(リンゴ農家)さんが農繁期以外の時期にやっている農家民宿 やまに亀屋さんに宿泊しました.片桐農園さんの「ブログ」では,現在の果樹園の様子がご覧になれます.とても気さくなオーナーご夫婦と娘さんに迎えられ,ゆっくりと過ごしました.そして何より奥様の郷土料理は,とても美味しかったです.鹿の肉やイノシシの肉,イナゴの佃煮,五平もち,自家菜園の野菜の数々・・・本当に至れりつくせりでした.有難うございました.

IMG_0148
IMG_0149

カテゴリ:活動日記の投稿 | コメント(2)

2 Responses to “社会福祉法人麦の家(長野県上伊那郡中川村)”

  1. 日置 江実子 より:

    母の実家、長野の田舎を思い出しました。
    すでに母の兄弟である伯父が亡くなり、伯母も亡くなりました。
    伯母がなくなる前に母を連れて会いに行きました。
    家の前に車を寄せたとたん、「具合悪い」「歩行器なくては歩けない」という母が
    私を残してさっさと玄関に入ってしまいました。
    畑で取れた青臭いトマト、きゅうりの美味しいこと!カエルの合唱の賑やかな心地よい響き
    こんな条件があったら母の今の時間も変わるのかしらと想像します。

    • admin より:

      日置様
      ご投稿有難うございます.お母様のお身体如何ですか? 長野がお母様のご実家なのですね.ご実家に戻られた時のお母様のエピソード,ビックリしました.改めて環境要因の大切さを認識いたしました.中川村も自然いっぱいで,鳥の鳴き声や蝉の声がして,とてものどかでした.お母様はご実家への思いがおありになられるようですので,その地を訪れられなくても,故郷の畑や野菜,カエルの合唱のお話しなどされるといいかも知れませんね.また,勉強会でお会してお話しできますことを楽しみにしております.(内田)

コメントを残す

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

10月6日開催 第4回公開講座“本人が語る認知症ミニ講座” ご報告

第4回公開講座“本人が語る認知症ミニ講座”開催 町田市認知症とともに歩む人 本人会議の皆様にお越しいただき...

2018年度「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅲ」(9月8日開催)ご報告

今年度も3回にわたって開催しました「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」ですが、9月8日(土)に最終の第3回...

新着コメント

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

2015.06.10

実践家のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ・Ⅱ

遠方からご参加有難うございます。どうぞお気をつけておいでくだ... by admin

2015.06.08

実践家のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ・Ⅱ

新潟から参加させて頂きます。 どうか宜しくお願い致します。... by 相馬房嘉

ページの先頭へ