nino blog

第47回日本作業療法学会


otgakkai
2013年6月28日~30日までグランキューブ大阪にて作業療法学会が開催されます.大会2日目(29日)のシンポジウム8に当会の代表 村田康子がシンポジストとして登壇いたします.ご都合がつくようでしたら,お越し頂けますと幸いです.

 

 

 

 

 

認知症の人を支える作業療法 (6月29日(土) / 12:50~14:20 / メインホール)

進行 : 松下 太(四條畷学園大学リハビリテーション学部)

シンポジスト1 :  小川敬之(九州保健福祉大学 保健科学部)

「認知症の人の作業療法の可能性」

シンポジスト2 : 村田康子(NPO その人を中心とした認知症ケアを考える会)

「パーソン・センタード・ケアから認知症の作業療法を考える」

シンポジスト3 : 上田章弘(介護老人保健施設 恵泉)

「介護老人保健施設における実践」

村田さんコメント
「パーソン・センタード・ケアは、1990年代、英国Bradford大学のTom Kitwood教授により提唱された、医学モデルに代わる新たな認知症ケアの理念、パラダイムである。私は約10年前にこの考え方に出会い、職種を越えた勉強会や研修を行ったり、認知症ケアマッピングという観察ツールを用いて、ケア施設や医療の現場で、その人の視点に立った認知症ケアの質の向上に取り組んできた。専門職の連携が求められる今日、作業療法士に何が求められているか、皆様と共に考える機会になればと願っている。」

詳細は,OT学会ホームページシンポジウムのページをご覧ください.

gakkaishinpo1

カテゴリ:お知らせの投稿 | コメント(0)

コメントを残す

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ 7月15日開催 ご報告

スッキリとしない天候が続くなか、7月15日令和になって初めての「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」が始...

2019年 第2回実践交流のつどい ご報告

2019年5月18日(土)13時30分~15時30分にホワイエえこだにて、第2回実践交流会を開催しました。今回は...

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ