nino blog

次年度の新事業ーパーソン・センタードな認知症予防


本日,次年度の事業の打ち合わせに都内某所に伺いました.事業の内容としては”認知症予防”!!
パーソン・センタード・ケアのNPOでは?と疑問を持たれる方もおられるかも知れませんが,英国を中心にパーソン・センタードなアプローチと称した介入が行われています.例えば,以下のようなものは,Conceptの中にパーソン・センタードが謳われています.

CST(Cognitive Stimulation Therapy) — 直訳は「認知刺激療法」となりますが,軽度認知障害の方へのグループワーク集です.英国では講習会が開かれていて,日本では筑波大学の山中克夫先生がトライアルをされていて,もう少しで日本でも利用できるようになるそうです.
Enriched Opportunities Programme® (EOP) —- 直訳は「豊かな機会を提供するプログラム」とでも訳するのでしょうか? 具体的なケースはドーンさんが日本の講演で話されていたので,そちらが参考になると思います.DVDは,こちらです.
Pool Activity Level(PAL) Checklist —- イギリスの作業療法士Poolさんが開発した評価表で,これをチェックすることで認知症の方の活動能力レベルがわかります.この情報をケアチームで共有してケア実践に活かしていくための介入ツールです.PALは,現在,私達が日本語化に向けてデータを集めているところです.ご協力いただける方がおりましたら,是非ご連絡ください.

これらのアプローチをそのままというわけにはいきませんが,パーソン・センタードな要素を織り込んだ事業ができないかと,相談しているところです.
事業が決定しましたら,改めてご報告したいと思います.

カテゴリ:活動日記の投稿 | コメント(0)

コメントを残す

118新視聴覚教材第2版チラシ

118新視聴覚教材第2版チラシ
視聴覚教材ご案内動画 001

実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会Ⅰ 7月15日開催 ご報告

スッキリとしない天候が続くなか、7月15日令和になって初めての「実践者のためのパーソン・センタード・ケア学習会」が始...

2019年 第2回実践交流のつどい ご報告

2019年5月18日(土)13時30分~15時30分にホワイエえこだにて、第2回実践交流会を開催しました。今回は...

第33回PCOT プール活動レベルと実践例 11月17日開催ご報告

11月17日,『プール活動レベルと実践例-認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで-』研修会が開催されました.他職種で共...

新着コメント

2019.03.27

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

ご参加お待ちしています... by 西脇聡実

2019.03.26

パーソン・センタード・ケアを考える会 第2回 実践交流のつどい ご案内

第2回実践交流会に参加を希望します。... by 高木はるみ

2015.09.04

パーソン・センタード・ケアとは?

[…] ※参考※ ・NPOその人を中心とした... by 認知症介護の新潮流パーソン•センタード•ケアって? | 認知症オンライン

ページの先頭へ